お得のANA株主優待券を購入するには?予約や使い方特集!『ANA優待旅』

- ANAの株主優待券はどれくらいお得なのでしょうか?

ANAの株主優待券はどれくらいお得なのでしょうか?

ANAの株主優待券は株主でなくても航空券をチケットショップで入手が可能なのですが、どれくらいお得になるのでしょうか?

【お得を比較してみましょう】

ANAの株主優待券を利用するとして、国内線の年末年始の価格を比べてみたいと思います。

ANAの羽田発、新千歳着の株主優待券買取の航空チケットをチケットショップで8000円で購入したと考えてみましょう。
普通運賃が31700円するとして、優待券を使う事で半額になり、15850円となります。
そして羽田空港旅客施設使用料が100円です。
チケットショップで買ったANAの株主優待券が8000円かかります。
これを合計すれば23950円なので、普通料金の31800円から引き算したところ、7850円安くなるという事になります。
年末年始は特にチケットの価格が高いシーズンなので、かなりお得になるという事が分かりますね。

【WEBサイトで予約する】

ANAの航空チケットはWEBサイトから予約する事が可能になっています。
航空会社によっては予約の方法や購入までの流れが違うのですが、サイト上に詳しく説明書きされているので順に進めば簡単に予約は出来ます。
また、電話での予約も可能なので、分からない事があった時でも質問する事が出来るので安心ですね。
通常では、予約日から3日以内に航空チケットの購入が必要になるのですが、株主優待券を利用する時では予約日に関わらず、出発前の20分前まで購入する事が可能ですので、ビジネスなどの急なトリップでも非常に便利なのです。

【変更や払い戻し】

優待券の期間内でしたら予約便を変更する事が可能です。
また、払い戻しに関してはチケット購入移行、有効期間満了日の翌日から起算して10日以内で可能です。
これに関しては手数料が発生します。
手続きは、ANA予約・案内センターやANAの国内線空港カウンターで出来ます。
優待券の有効期間内で払い戻しをした場合は「優待券未使用証明書」が発行されます。
そして、期間内であれば再度株主優待割引が利用出来るという事なので、嬉しいものですね。

【どこで安く買えますか?】

せっかくなのでANAの航空チケットを金券ショップなどで安く買いたいと思いますよね?
お店が多い東京の新宿や新橋、大阪の梅田や難波ではショップが連なっているという事もあり、価格競争をしているショップもあります。
劇的に他のショップよりも安く売っているショップを見つける事は難しいかもしれませんが、色々なショップを巡る事で、納得がいく値段のチケットを購入する事が出来る事でしょう。

新着情報

◆2014/03/28
ANAの株主優待券はどれくらいお得なのでしょうか?の情報を更新しました。
◆2014/03/28
サイトに関する質問・感想・意見フォームを新規投稿しました。
◆2014/03/24
青春18切符を使って京都へ行くの情報を更新しました。
◆2014/03/24
様々なギフトカードの種類紹介の情報を更新しました。
◆2014/03/24
無駄にならない図書券の情報を更新しました。